1. TOP
  2. 治験のあれこれ
  3. 学生・無職が高額報酬を得る事ができるバイト!治験に向いている人5選!

学生・無職が高額報酬を得る事ができるバイト!治験に向いている人5選!

治験ベッド

 

学生・フリーター・無職・フリーランスの方必見!楽して高額報酬を得る事ができるバイト・治験情報の紹介!

治験に参加して他の参加者を見ていると、治験に向き・不向きがある事を感じました。今回は「治験にはどんな人が向いているのか?」をご紹介します。

 

参加・治験情報のチェックは↓

「20~35歳の方、インクロムの治験にご協力下さい」

 

 1.無職・フリーター 向いている度NO1

無職やフリーターが治験に向いている理由は「時間があるから」です。

高額の報酬が望める治験は2泊3日以上である事が多く、参加するには予定を空けておく必要があります。

一般的な社会人ではなかなか難しいですが、無職やフリーターには時間があるのでこのハードルを楽々クリアできます。

 

 2.個人事業主・フリーランス 2重で収入GET!

個人事業主やフリーランスが治験に向いている理由は「仕事の予定を自分で調整する事ができ、時間を作る事ができる」からです。

特にノマドワーカーは仕事をする場所を選ばずパソコンさえあればどこでも仕事ができるので、治験に参加しながら仕事をする事ができます。

フリーランスの仕事の報酬と治験の報酬のどちらもGETできるのですごくお得です!

実際、筆者も入院中にフリーランスとしての仕事に励んでいました。

IMG_1766

【写真】治験病院でフリーランスの仕事をしている風景

 

 3.のんびりとしているのが好きな人・楽しみを見つけられる人

治験病院漫画部屋

のんびりとしているのが好きな人が治験に向いている理由は「安静にしている自由時間がとにかく多い」からです。

治験に参加すると、検査・診察・投薬・食事・入浴以外の時間は基本的に自由時間です。

 

普段は家でのんびりとしているインドア派の人にとっては、家と同じ位かそれ以上に快適に過ごす事ができるかもしれません。

自由時間の使い方もポイントで、友人を作ったりして楽しみを見つけられる人にも治験は向いていると思います。

 

 4.資格の勉強をしている人

治験参加者4

資格の勉強をしている人に治験に向いている理由は「お金を稼ぎながら勉強ができる」からです。

資格の勉強に専念しているとアルバイト等ができずにお金に困る事もありますが、治験に参加すると勉強の時間を犠牲にする事無くお金を稼ぐ事ができます。

 

治験病院の中には学習室を完備している病院もあり、静かな自習室で集中して勉強をする事ができます。

大阪治験病院は勉強する人を応援していて自習室を用意してくれているので環境は最高!

 

 5.家に帰りたくない人

様々な理由で家に帰りたくない人は多いと思います。

家に帰りたくなくてネットカフェに泊まるにしても食事も合わせると1泊当たり数千円ものお金がかかりますが、

治験参加なら美味しいご飯や快適な環境の宿泊施設にしばらくの間過ごす事ができて報酬までもらう事ができます。

治験食事【写真】治験入院中の食事

食事や設備が整っているで「お金が無いけど家に居たくない」という人には、治験病院は無料で家出ができる最高の宿泊施設だと思います。

 

まとめ

治験に向いている人の特徴は、時間に都合がつけられる人や落ち着いた環境で過ごしたい方です。治験病院の環境は本当に整っているので落ち着いて過ごす事ができました。

ゆっくりできると思うので、休養のつもりで治験に参加するのも良いと思います。

 

参加・治験情報のチェックは↓

「20~35歳の方、インクロムの治験にご協力下さい」