1. TOP
  2. 治験の入院生活
  3. 治験入院時の持ち物は?入院生活であれば便利な物リスト|治験案内

治験入院時の持ち物は?入院生活であれば便利な物リスト|治験案内

アイコン (3)

治験入院の持ち物リストとあれば便利な物をご紹介します。

入院と聞けば持ち物の準備が大変なイメージがありますが、治験の場合は治験病院が日常生活に必要な生活用品をほとんど全てを病院が用意してくれるので、入院は本当に気軽です。

しかし、治験は普通の入院では無いので持ち込み禁止の物も結構ありるので若干の注意が必要で、その点を踏まえてリストを作成しました。

 

治験情報・参加はこちらから↓

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム

 

 

1.治験入院時に必ず持ってくる物

 

  • 半袖Tシャツ(タンクトップ・5分袖・7分袖不可)
  • 下着
  • バスタオル
  • 身分証明書(保険証と免許証を持参しました)
  • 折りたたみ傘(何故か??)

 

大阪治験病院はシャンプー・歯ブラシ・ヒゲソリ等のアメニティーが充実しているので、男性の場合は入院時の持ち物はこれだけで十分だと思います。

女性の場合は化粧品等も持って行きたいので荷物は増えますが、パジャマも用意してくれているので普通のホテルやゲストハウスに宿泊するのに比べると荷物は少なくて済みます。

 

大阪治験病院(インクロム)には洗濯機と乾燥機があるので、来るときに着ていた服を洗濯すれば帰りの服を持ってくる必要がありません。

 

2.持ち込み不可な物

 

  • 薬類(目薬・貼り薬・飲み薬・塗り薬も含まれる)
  • 目の洗浄液
  • サプリメント
  • タバコ・ライター
  • 食べ物・飲み物(アメやタブレット、ミント類も不可)
  • カッターやハサミ等のケガをする恐れのある物

 

治験は薬のテストなので、治験薬以外の薬の使用は医師の許可が要る事になり、食べ物に関しても他の治験参加者と条件を同じにするため入院中の嗜好品の摂取は禁止されています。

薬や口に入るものは基本的に禁止だと考えておいた方が良いと思います。治験病院に入院する際にこれらの物を持っている場合は受付に預け、治験終了日に返してもらう事ができます。

 カバン等に入っている事を忘れていて、食べ物や薬を持っているのが見つかった場合は、治験に参加できなくなる事もあるので本当に気をつけて下さい!

3.入院時に事前申告が必要なもの

 

  • シャンプー・リンス
  • 洗顔料
  • 化粧品
  • リップクリーム
  • コンタクトレンズ(試験によっては使用不可な物があります)

 

大阪治験病院の入院時にこれらの物を持っているのか受付で聞かれ、治験に影響のある成分が含まれていないかどうか確かめるために一旦受付に預ける事になります。

問題が無ければすぐに返してもらう事ができます。

 

「肌につける物や口に含む物は申告」と覚えておけば簡単です。

治験情報・参加はこちらから↓

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム