1. TOP
  2. 治験情報
  3. ブラックバイト脱出!学歴・コミュ力・体力ゼロでも高額報酬を稼げる治験

ブラックバイト脱出!学歴・コミュ力・体力ゼロでも高額報酬を稼げる治験

martaposemuckel / Pixabay

martaposemuckel / Pixabay

ブラックバイトで低賃金・給与不払い・過重労働に悩まされている方必見!

学歴もコミュニュケーション能力も容姿も体力も一切必要が無く、社会に貢献できる内容で、法律に違反しない合法的な高額報酬のアルバイトの治験を紹介します。

治験とは

治験と薬の開発

 

新しい薬を販売する事ができるように、薬の認可機関へ提出するための薬のデータを取る事で、薬の販売には欠かせない認可を得るのに必要なプロセスの事を言います。

 

治験のイメージは薬を飲んで実験台になるというイメージが強いと思いますが、実際体験したところ薬は1錠しか飲まず、血液検査が中心で副作用や体調の変化も全く感じませんでした。

(2015年12月・大阪治験病院・体験談)

治験は正確にはバイトでは無くはボランティアで、もらえるお金は給与・報酬では無く負担軽減費と呼ばれています。

健康診断に通ればOK

治験何をするのか

治験の参加で最も重要な事は、健康状態で、検査の結果が治験を実施する医療機関の基準に合致し、健康状態が悪くならないようにするための決まりを守る事が出来れば参加する事ができます。

 

「20~35歳の方、インクロムの治験にご協力下さい」

 

容姿が悪くても全く問題無い

治験で最も重要視されるのは「健康診断の結果」であって容姿は全く関係がありません。病的な理由で容姿が崩れている事を除けばどんなに容姿が悪くてもOK

 

むしろ女性の治験の場合は理想的な容姿の人よりも容姿に難のある人が多く合格していました。

 

その理由はBMIで、BMIは22が理想とされているのでBMIが22に近い人が治験に受かりやすくなります。身長160cm/BMI22の女性の体重は56kgで、外見からするとデブの部類に入るでしょう。

 

人との関わりが少ないのでコミュニュケーション能力不要

積極的にコミュニュケーションを取り友人を作っていくタイプの人もいますが、治験参加の大多数はお互いにコミュニュケーションを取らず一人で時間を過ごしています。

 

共同作業をする事も無く、医者や看護師等から聞かれた質問に答えていればそれでOKなので、日本語が分れば問題無く、コミュニュケーション能力は必要ありません。

そのため、健康な引きこもりにはピッタリなアルバイトだと言えます。

 

薬の効果を調べるだけなので、頭が悪くても大丈夫!

健康な人向けの治験は、薬を飲んで・消化器官から血液に吸収されて・便や尿や汗となって排出されるのを調べるだけなので、頭のスペックは重要視されません。つまり重要なのは首から下の胴体!

 

重視されるのは、肝臓や腎臓の代謝スペックなので、健康ならおバカさんでも大丈夫!治験で入院できれば毎日ゲームやり放題・昼寝し放題・マンガ読み放題で、ドラえもんののび太のような生活が待っています。

 

空調の効いた部屋で安静にしているだけなので体力の必要無し

治験は、参加者の体調を整える事がとても重視されているため、空調の整った室内で行われているので、夏は涼しく冬は暖かい環境で24時間過ごす事ができます。

また、CPKという治験に重要な数値が上がるので、重いものを持つ・走る等の運動も制限されており、入院中は安静を保つために、食事も上げ膳据え膳で、本当に楽な生活です。

 

だから治験は人気がある

容姿も資格・学歴もコミュ力も必要が無く、楽にお金を稼ぐ事のできる治験はこのような理由があって人気です。

治験は危険という書き込みもありますが、参加した限りは危険を感じる事が無く、快適に過ごせています。

登録や説明会参加は無料で、説明会に参加したとしても、勧誘は無く治験への参加は自由なので興味のある方は登録してみて下さい。登録すると詳しい情報を見る事ができたり、治験の情報を教えてくれる場合があります。

治験情報はこちら↓

「20~35歳の方、インクロムの治験にご協力下さい」