1. TOP
  2. ちけんQ&A
  3. 解説・治験の安全性|治験が危険だからではない!治験の報酬が高い理由!

解説・治験の安全性|治験が危険だからではない!治験の報酬が高い理由!

治験の安全性と報酬が高額になる理由を解説します!

治験バイトは危険だから高収入だと噂されていますが、治験で高い報酬を得る事ができるのには大きな理由があります。

筆者は治験に何回か参加した事があり、現在治験に参加中ですが、何回も参加している中で治験の報酬が高い理由は何なのか?ハッキリと理解する事ができました。

この経験を踏まえ、治験の報酬は何故高いのか?その理由を解説します。

治験の報酬が高い理由

治験報酬 (1)

1.治験は誰でも参加できる訳ではないから

医療機関や募集されている治験の種類によって条件は異なりますが、治験に参加するには条件を満たした上で健康診断に合格しなければなりません。

健康な人を対象にした治験の条件の例ですが、

  1. 日本人
  2. 20~45歳
  3. BMI18.5~25の範囲内
  4. 禁煙が可能な方
  5. 薬に対するアレルギーが無い方

のような基準が定められています。

 

健康診断に通過したからと言って参加できる訳ではない

試験にもよりますが、高額報酬の治験では希望者が殺到し、治験のプロと呼ばれる常連参加者の割合も高くなります。

検査に通ったとしても、状態の良い人や常連から順に治験に参加するので誰でも高額報酬の治験に参加できる訳では無く、高額報酬の治験に参加したいならある程度の努力が必要です。

 

2.治験に参加するためにはスケジュール調整が必要だから

治験に参加できなくても、入院予定の日には予定を空けておかなければならず、もし入院時の検査で参加不可能と判定された場合は治験に参加せず、その場で退院となります。

治験の参加の条件は、「予定を空けておく事ができる事」なので、治験に参加できなかった場合はその日程が全て空いてしまう事になります。

 

もし治験に参加しなかった場合は、アルバイト等で収入を得る事ができるはずで、予定を空けておくのはその機会を放棄して収入を得るチャンスを失う事と同じなので、治験には高額報酬が設定されています。

 

3.健康管理をしっかりと行わなければならないから

治験に参加するには、生活にも多くの制限が加わり、守らなければならない決まりや禁止事項が定められています。

それが守れない人や治験に必要な健康管理を行えない人は治験に参加する事が難しくなります。

 

決まりの内容は、

  1. 暴飲暴食しない
  2. 過度な飲酒をしない
  3. 決められた期間は薬剤を使わない
  4. 運動をしない
  5. 検査当日は朝食を食べてはいけない

等の内容で、3.薬剤を使わないは1か月前から守らなければなりません。

 

この決まりは代表的な禁止事項ですが、細かい禁止事項が他にもいくつもあり、人によっては少し禁止事項を破っただけで血液検査の数値が変わってしまい治験に参加できなくなります

 

現在(2016年8月)治験参加中の筆者は、頭が痛くなった時に頭痛薬が使えず使えば1時間以内に治まるのに、薬を使わなかった事で1日中横になっている羽目になった事もありました・・・

 

4.入院中は24時間生活が管理されるから

治験バイトは普通のアルバイトと異なり、入院すれば退院するまで1日24時間拘束が基本です。長期試験では院外散歩という形で散歩がありますが、基本的には外出が禁止されています。

治験では、検査の時間・寝る時間・起きる時間・食事の時間・食べるもの・飲むもの・入浴の時間の全てが決められ、それを守る事がとても重要とされています。

そのため、就寝時間にスマホをいじったり漫画を読んだりするのは禁止されており、決まりを破っていないかどうかの見回りがありました。

 

治験は報酬が高いから危険なのではない

アイコン (4)

 

治験には、誰でも参加できる訳ではなく、倍率数倍の健康診断にパスしても100%参加できるとは限らず、日程調整や細かい条件の健康管理を守って初めて参加する事ができます。

20~40代の人口に対するアレルギー無し・貧血無し・BMI18.5~24.9・障害無しの人割合・健康診断参加者の人数・合格者の人数から計算したところ、健康な人向けの治験には、10人に1人程度の割合でしか合格できないという結果になりました。

また、入院できたとしても24時間生活が管理されており、入院期間は行動が制限され、自由にやりたい事をやったり食べたいものを食べたりする事ができません。

そのため、治験に慣れていない人が長期試験に参加すると入院生活に馴染む事ができず、リタイアする例も結構あります。

治験の報酬の相場は入院1日あたり2万円前で、普通のアルバイトと比べると高額ですが、その分、合格する難易度も高く、決まりが多いのが特徴です。

 

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム


このように治験には決まりや条件が多いので必然的に報酬が高くなります。

条件や決まりは厳しいのですが、やはり報酬が高額でサービス業や製造業のアルバイトに比べると圧倒的に楽なので治験は人気です。

 

条件の良い治験だと、発表から2~3日程度(女性は1日の場合有)で事前検査の枠が埋まってしまい事前検査すら受けられなくなるので、参加するならこまめに治験情報をチェックする事をお勧めします。

治験情報のチェックは↓

「20~35歳の方、インクロムの治験にご協力下さい」

女性の募集も多数!治験・モニター情報↓

ボランティアバンク【VOB】