1. TOP
  2. ちけんQ&A
  3. 医師が回答!日本の治験が危険ではない3つの納得の理由|死亡事故について

医師が回答!日本の治験が危険ではない3つの納得の理由|死亡事故について

DarkoStojanovic / Pixabay

医師へのインタビューで聞いた事を基に、日本の治験が危険ではない理由を解説します。

治験で一番気になる事は服薬中の事故による後遺症・死亡する事ですが、治験に複数回参加して「日本の治験の安全性は高い」と確信しました。

フランスの治験死亡事故が気になり、治験の危険性やリスク・事故・死亡についてインクロムボランティアセンターの治験担当の医師に直接インタビューした結果、

日本の治験が危険では無いと一瞬で納得できる納得の回答を頂きました。

一瞬で理解できる!日本の治験が安全な理由3つ

1.日本は保守的な国だから

日本で暮らし、日本の会社や学校等の組織に所属していると分かるように、日本人は大胆な行動や新しい事にはとても慎重です。

新しい何かをしなければならない状況に直面しても、率先して新しい何かをやる人は少なく、自分以外の誰かがやってくれるのを待って沈黙しているという状況に遭遇する事は珍しくありません。

 

日本は新しい物を取り入れたり、チャレンジをする事に対して消極的で、今までやってきた・今までと同じ方法を好む国なので、今までに無いようなタイプのリスクの高い治験は殆ど行いません。

つまり、日本は新しいタイプの薬への挑戦に消極的なので治験のリスクは低いと言う事です。

 

2.日本は治験で何かが起こると傷害罪・殺人罪になるから

アメリカでは、治験で事故があったとしても事前にその事についての契約書を交わしていれば「無罪」ですが、日本では治験で「何か」が起こるとすぐに傷害罪に問われてしまいます。

治験の担当医は何かが起こって傷害罪で逮捕されるのは怖いと言っておられました。

 

「傷害罪で逮捕されるのは誰でも嫌」なので、治験に関わる医師や製薬会社は何かが起こりそうな治験はできる限りやらないように吟味しています。

つまり、日本の治験事故が起こると傷害罪に問われるので、慎重です。なので、治験の安全性は高いと言えます。

もし、日本の治験で死亡事故が起こった場合は、殺人罪に問われてしまい医師の刑務所行きは避けられない状況に陥ります。

 

3.治験で問題が起こると厚生労働省の役人のクビが飛ぶから

テレビを見ていれば分かるように、日本の役人は自分の立場と金の事ばかりを考え、自分が甘い汁を吸う事を最優先にして、甘い汁を吸えるポストに居座っています。

しかし、日本は誰かに責任を取らせる事が好きな責任追及が厳しい国なので、治験で事故が起こると許可を出した厚生労働省の職員は責任を取って辞職しなければならず、そうなると甘い汁を吸う事ができなくなります。

 

つまり、自分の立場と金の事しか考えない役人は、クビが飛ぶ事を恐れているので保身のためにリスクの高い治験には許可を出しません。だから日本の治験は安全です。

 

生活をしていれば分かると思いますが、日本は「決まり」「規則」「規制」三昧の細かくて生きにくい国です。

普段生活している時は面倒だと思いますが、治験では厳しい規制が盾となって参加者を死亡事故・後遺症の危険から守ってくれる訳です。

 

説明会で死亡事故・後遺症についての詳しい説明を聞く事ができます↓

満足度95%以上、大阪で治験をお探しならインクロム

日本の治験は安全で高収入なのでオイシイ

治験報酬 (2)

日本人は慎重で保守的・医師は傷害罪に問われる・役人はクビという決定的な理由があるので、日本での治験は安全と言えます。

 

治験は、病院に入ってから出るまでの時間のほとんど全てが時給換算され、休憩時間も引かれないので必然的に高額の報酬を得る事ができます。(1日24時間入院の場合は24×時給900円=21,600円)

 

非正規のアルバイトでこの収入を得る事のできる仕事は滅多に無く、治験は安全だと分かっているので、オイシイ仕事である事は間違いありません。

実際、筆者は治験に参加しまくっていますが何も起こっていません。

治験採血
治験の血液検査をした後に止血をしている様子

日本の治験は安全で本当にオイシイので、迷っている人は事前登録をして説明会に行って自分の目と耳で安全性を確かめて下さい。

 

筆者参加&お勧めの治験|インクロムが募集する大阪治験病院

大阪治験病院

このブログの作者は関西在住で、インクロム・大阪治験病院に登録しています。

この記事の医師への質問もインクロムの医師に行った質問で、医師は嫌な顔一つせずに快く質問に答えて下さりました。

その事からもインクロムはとても信頼できる機関だと感じたので、治験を受けるならインクロムを強くお勧めします。

 

治験情報・登録はこちら↓

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム

 

説明会に参加すると、このような質問に答えて頂けるので、治験に関心・不安のある方はリンクから問い合わせをして下さい。



満足度95%以上、大阪で治験をお探しならインクロム

治験が不安なら化粧品や健康食品モニターがおすすめ!




薬の治験に不安をお持ちの方は、ボランティアバンク【VOB】が主催する化粧品を肌に付けるパッチテスト(美肌パック等)やトクホのお茶などを摂取する食品モニターがおすすめです。

食品モニターの場合、男女ともに募集している件数が多く入院が不要のものが多いので、社会人や忙しい学生の方でも気軽に参加する事ができます。

モニター情報・登録はこちら↓

ボランティアバンク【VOB】