1. TOP
  2. 治験の入院生活
  3. 治験バイト体験談|インクロム・4泊5日×3・報酬28万5千円

治験バイト体験談|インクロム・4泊5日×3・報酬28万5千円

治験ベッド

インクロム(大阪治験病院)で4泊5日×3の飲み薬の治験に参加して、関西(大阪)で28万5千円の高額報酬をGETした体験談

高額報酬の治験に応募~合格~参加~報酬受け取りまでの全記録をご紹介します!

高額の治験に受かりたい方・治験に受かりたい方・女性の方は是非ご参考に!

 

インクロムの治験情報・参加はこちらから↓

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム

 

治験申し込み

インクロムの場合、ボランティア説明会に参加して登録しておけば治験の案内が送られて来ます。

今回の治験でも、案内が送られてきて、しかも内容が良かったので速攻で応募しました。

応募した後に微妙に予定が合わなくなったので日程を変更しようと思いましたが、その時(案内を見た2~3日後)には定員がいっぱいになっていたので、変更ができず治験を優先する事になりました。

説明会はこちらインクロム

人気の治験は早ければ、1日で定員がいっぱいになる事もあります。すぐに応募しろとは言いませんが、希望の日時に事前検診を受けたい場合はできるだけ早く応募して下さい。

治験のスクリーニング検査(事前検診)

スクリーニング検査の日程は3日あり、私は初日に参加しました。

待合室には11人の候補者が居て、治験の定員は6名でした。3日という事は単純計算すると6人の応募に33人の希望者がいるという事で、倍率は5.5倍になります。

インクロムボランティアセンター担当者によると、

事前検診に先に参加した方の方が健康管理にかかる期間が長い・負担が大きいという理由で、有利に選考を受ける事ができるとの事で、できるだけ早めの日程で予約する事をおすすめします。

特に高額報酬の治験・募集自体が少ない女性の治験は倍率が高くなる傾向があるので、健康管理には気を遣いました。

 

検査の内容は?

  • 身長・体重・BMI
  • 血圧
  • 血液検査 ← これが微妙だった
  • 尿検査
  • 心電図検査
  • レントゲン検査
  • 診察
  • 高カロリーな食事を食べるテスト

 

と一般的な健康診断とあまり変わらない内容ですが、量の多い高カロリー食を時間内に食べるテストがあり、

950カロリーの高脂肪の食事(朝マックをもっとコッテリさせたような感じの食事)を食べました。←これは面白い!!

 

申し込み~事前検査までは体調に気を遣っていましたが、検査の結果は過去最悪で、「これは完全に落ちた・・・」と諦めていました。

治験検査結果悪い
【最悪な検査結果の写真】カナリの項目の値が外れまくっている。

 

しかし、この治験では体重・肝機能・腎機能・血糖値が重視されていたので、これだけの項目が外れていても5.5倍の倍率をくぐる事ができました!

 

合格発表

値が外れまくっていたので、諦めていましたが、結果は正メンバー合格!

治験の合格は、数値の良い順で決めるので、今回の参加者はみんな不健康だったのかな?と思いました。

前回は、1個微妙に外れていただけでしたが補欠で、受かる・受からないは本当に運だと思います。

とにかく、5.5倍の倍率を通過しての合格は嬉しかったです(^◇^)

 

治験病院入院

 

IMG_1744入院時には、用意されているパジャマに着替えます。

入院1日目:説明会&入院時検査

入院は13時~で、入院すると入院時検査と説明会があり、この検査で問題があると分かった時点で帰宅する事になります。

入院時検査の内容は

  • 身長・体重・BMI
  • 血圧
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 心電図検査
  • 診察

と、スクリーニング検査に比べると少ないのですが、ここで落ちたら30万円がパーなのでヒヤヒヤでした。

実際、私のベッドの斜め前の人がこの検査で引っ掛かり、入院してからたったの2~3時間で退院する事になっていました。

ここで不合格になると今までの苦労が水の泡です!本当に注意しましょう!

一日目は特にする事も無く、昼ご飯・晩御飯を食べてお風呂に入り寝るだけでした。

 

冷房の効いた部屋で食べる昼食のチャンポンうどんは格別で、外は35度を超える猛暑なのに病院の中は25度で、冷房の効いた部屋でアツアツのチャンポンうどんを食べるのは至極の贅沢だと思いました。

 

入院2日目:薬を飲んで血液検査をする日

IMG_1746

投薬日は治験の入院の中で一番大変な日で、朝から入院時検査と同じ内容の検査があるので、6時に起きます。

 

検査が終わると、投薬になり、朝食を食べるグループは朝食を食べて薬を飲み、食べないグループはそのまま薬を飲みます。

この後が少し大変で、血液検査が30分~1時間ごとにあり、昼ご飯の時間まではベッドに横になる事ができず座って待機しなければなりません。

座ったまま待機するのが治験の中で一番辛く、お尻が痛くなってくるし眠いのに眠れないので、血液検査よりも嫌でした。

昼食後も、血液検査が2時間ごとにあり、薬を飲む日は血液検査がオンパレードの1日です。

 

血液検査時は部屋に待機しなければならないので、この日はあまり部屋の外に出ず、ベッドの上でインターネット・読書を満喫して昼寝をしまくっていました。

 

入院3日~4日目:自由を満喫する優雅な治験の日常

IMG_1766

入院中にしていた在宅ワークとアルバイトの残務の写真

入院2日目に十分すぎる睡眠を取ったので、3日目・4日目は日ごろの疲労が回復し超元気です。

血液検査も朝と夜の2回だけになり、その他の時間は自由なので、クラウドワークス等の在宅ワークサイトで文章を書く副業をしたり、退院後の旅行の計画&航空券の手配を行っていました。

入院した時期は、記録的猛暑の8月で、治験病院は冷房が効いていて環境が良かったので、在宅ワークや頭を使う系の作業に集中する事ができ、用事がはかどりました。

治験病院にはベッドもあって、ネットカフェをさらに快適にしたような環境で、滞在費は無料なので最高だと思いました。

夏は暑いので、お風呂に入ると余計に暑くなりますが、治験病院は空調が効いているので、湯上りに涼しい風を浴びる事ができて爽快でした。

 

公式サイト:在宅ワークならクラウドワークス

入院5日目:退院日

IMG_1748
血圧を測定する機械

 

退院日は入院日と同じ内容の検査を行い、検査が済むと朝食です。

朝食中に検査の結果を出し、検査の結果が出たら退院一時金の15,000円をもらって退院します。(最後に全額もらえる。)

退院が楽しみな人も居ますが、私の場合は病院の環境が気に入っていて、

外も家も暑い、食事も治験病院の方が美味しいので、退院するのが憂鬱でした。

 

事後検査

採血

3回目の退院の1週間後に事後検査があり、この検査で異常が無ければ治験は終了となります。もし異常があれば、検査結果に問題が無くなるまで通院する事になり、負担軽減費の支払いも伸びるので、少々面倒です。

事後検査は朝の8時30分から行われ、10時30分頃に検査結果が出て、無事に合格する事ができ、負担軽減費全額の28万5500円を手にして帰宅しました。

治験報酬 (2)
予想より7000円多くてラッキー!!

事後検査の内容

  • 身長・体重・BMI
  • 血圧
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 心電図検査
  • 診察

治験終了!治験に参加した感想のまとめ

治験は副作用で健康被害が心配という人が多いですが、3回薬を飲んでも全く副作用が無く、治験参加のために健康管理をしっかり行うので、逆に健康になりました。
(食事に気を使った結果、ヘモグロビン11.3→11.8・入院中はお菓子が食べられないので、体重1.5kg減

また、病院の食事は栄養バランスの整った美味しい食事で、空調も効いていて環境が良いので、良く食べ、良く寝て疲れが取れてリフレッシュできました。

環境も良く、時間にも余裕があり好きな事ができるし、何もしなくても大金が手に入るので、私にとって治験は最高のバイトです。

治験の常連ですが、今後も治験に参加できるように健康管理を頑張っていく予定です!

 

インクロムの治験情報・参加はこちらから↓

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム