1. TOP
  2. ちけんQ&A
  3. 高額バイト治験の報酬は?もらった金額を公開【写真】|大阪治験体験談

高額バイト治験の報酬は?もらった金額を公開【写真】|大阪治験体験談

治験報酬 (1)

怪しい治験バイトの収入の実態を解説!大阪・インクロムボランティアセンターで実際に得た金額・報酬の詳細を写真で解説します。

治験は報酬が高額なので、都市伝説的なバイトとして語られていますが、もらえる金額は伝説ではなく本当に高額で、しばらく働かずに生きていける程でした。

治験の負担軽減費(報酬)を大公開!金額は?

治験報酬 (2)2016年8月に参加した治験でもらった負担軽減費の写真。

封筒には厚みがあり、扇状に広げようと思ってもお札同士が重なるので上手く広げられませんでした。

家賃を入れた生活費が5~6万円なので、これだけあれば5~6か月働かないで暮らせます(^◇^)

事前検診+4泊5日×3+1日通院の金額は28万5500円

私の登録しているインクロムでは、治験の負担軽減費は振込では無く、手渡しで渡されるので、厳密に言えば、

  1. 事前検診時に5,000円
  2. 入院1回目に15,000円
  3. 入院2回目に15,000円
  4. 入院3回目に15,000円
  5. 事後検査終了時に残りの235,500円

を受け取る事になります。

 

インクロムは現金で報酬を受け取る事ができるので、お金に困っている人やすぐにまとまったお金が必要な人にはおススメです。

公式サイトインクロム

 

28万5千円の報酬がもらえた治験の内容は?

約1か月の期間(病院宿泊は15日間)のバイトにしては高額なので、何をするか気になると思いますが、大した事はしませんでした。

内容は、

  • チーズとバターと牛乳たっぷりの高脂肪なアメリカンブレックファーストを食べる
  • 薬を飲んで代謝を調べるために血液検査をするだけ
  • 後は病院内で自由

という本当に楽なものでした。

 

しかも、アメリカンブレックファーストは、ホテルで出るような豪華な朝食で、

  1. 耳の切り落とされた厚切りのトースト
  2. 大きなベーコン
  3. 卵2~3個を使ったチーズ入りのスクランブルエッグ
  4. 牛乳

というような内容で、新大阪駅のカフェで食べたら最低でも800円~はします・・・

常時長期治験募集!男性ならインクロムがおすすめ!!



大阪・東京を中心に治験を募集しているインクロムは、10泊以上の長期治験の募集が多い関西のボランティア団体で、効率良くお金を稼ぐ事ができます。

もちろん、2~3泊の短期の治験・基準の緩い治験も多く、初心者でも参加しやすい治験が豊富です。

常時募集!男性向けの長期・高額治験募集団体

満足度95%以上、大阪で治験をお探しならインクロム

 

私は女性なのでそれほど治験で稼ぐ事ができません(報酬285,500円)が、男性なら頑張ればこのブログで公開している2倍は治験で稼げる可能性があります!

高額バイト治験に参加するには?

治験に参加するには治験ボランティアの登録が必要で、このブログの管理人の登録しているインクロムでは、

ボランティア登録説明会に参加する必要があり、まずはインターネットでボランティア登録説明会の予約をする必要があります。(交通費2000円の支給有)

ボランティア登録を済ませれば、その場で治験を案内してくれたり、手紙で治験の案内があり、情報が手に入りやすくなるので有利に治験に治験に参加する事ができるので、便利です。

私は治験の募集が男性に比べると圧倒的に少ない女性ですが、登録をしているおかげで良い条件の治験があればWEB公開よりも先に郵送での情報を得る事ができ、情報を逃す事無く、良い条件の治験に毎回応募できています。

 

説明会予約はこちら満足度95%以上、大阪で治験をお探しならインクロム

 

女性で高額治験バイトが見つからない時は通院モニター参加がおすすめ



ボランティアバンク【VOB】

女性の場合、男性に比べると募集している入院治験が圧倒的に少なく、ざっと見積もると合計入院日数が10日を超える高額女性治験は男性の15~20分の1以下の募集しかありません。

そのため、女性の場合は高額な入院治験を待っていても収入にならないため、モニターや短期治験(報酬7,000~10,000が目安)に参加する事をおすすめします。

株式会社ヒューマが運営するボランティアバンクVOBでは、治験だけではなく化粧品・サプリメントモニターを実施しているので、女性の参加がしやすくなっています。

登録・募集治験・モニター情報はこちら↓

ボランティアバンク【VOB】

 

最後に:治験の報酬と貧困脱出

治験報酬 (2)

治験は非正規雇用では中々手に入れられない金額が手に入る程の高額の報酬なので、治験に参加した当時(2016年)、治験に参加できる事を周囲の貧困女子から羨ましがられていました。

無職のニートですが、治験に参加できるおかげで、短期のバイトをたまにやるだけで生活ができ毎日遊んでいるので、本当に充実した日々を送っています(笑)

 

また、治験参加中の空き時間に勉強をしてパソコンの知識を身に付けたり、在宅ワークを行ったお陰で報酬を得る事ができ、その経験のお陰で現在(2017年)は貧困から抜け出す事ができました。

 

その時に登録した在宅ワーク↓

クラウドワークス

治験参加は、高額報酬を得る事ができるだけではなく、時間も与えてくれる事になり、その時間で将来を考えたり勉強をすれば貧困脱出につながるかもしれません。